心が崩壊する恐ろしさ

以前、友人にAという人物がいた。

ひょんな事で知り合ったのだが、お互いゲイである事が分かり、趣味嗜好も似通っていたためあっという間に仲良くなった。

隙あらば飲みに行ったり、どこかに遠出したり色々と遊んだ。

出会った頃はとても明るい人だったが、ある時期を境に急激に塞ぎこんでいった。
会う度に死にたい、私を殺してなどと本気で訴えてくるようになった。

詳しい原因は自分でもよく分からないと言っていたが、私より10歳以上も年上で当時すでに30代半ばだったし、これからの事とか色々と積み重なってしまったのかなと思う。

はじめは鬱の症状だけだったのが、やがて強迫神経症という心の病を併発した。

症状には様々なパターンがあるらしいが、彼の場合、やっては駄目だと分かっている事なのに、やったらどうなるんだろうという強迫観念に苛まれて、耐え切れず実際に行動に移してしまうといった症状だった。

「この間、カーステレオのCDを入れる所にクレジットカード突っ込んだら壊れちゃった」だとか、
「自室のカーテンに火をつけたら焦げちゃった」とか色々な話を聞いた。

ある時は指を怪我しているので、理由を聞くと「換気扇見てたら指を入れてみたくなって、入れちゃった」といった具合だった。

少しでも彼に癒しを思い立った私は、Aと二人で海が見える町に一泊二日の旅行へ行く事にした。

一日目は私が運転する車にAが乗りドライブをしたり、海水浴をしたり、割りと楽しそうだった。
夜はホテルの部屋が別々だったため、私の部屋でしばし談笑したあとAは自分の部屋に戻った。

翌朝、待ち合わせ時間に現れたAがひどく疲れているように見えたため理由を聞いた。

「ベッドに寝転んだら天井のスプリンクラーと火災警報器が目についた。
あれを作動させてホテルを水浸しにしたらどうなるんだろうっていう強迫観念に襲われた。
結局ベッドの上に椅子を置いて、天井の火災警報器に向かって一晩中息を吹きかけていたから一睡もしていない」
との事だった。

その姿を想像して少しばかりゾッとしてしまう自分がいたが、なんだかんだ二日目も無事に終わり、後日、酒の席で旅の思い出を語っていた。

すると彼は楽しそうに、こんな話をしてきた
「この間のドライブ中、実は車の中で発煙筒を焚いたらどうなるだろうっていう強迫観念で頭がいっぱいで、話しながら足元の発煙筒をガンガン蹴ってたの気付いてた?」
流石にその時は、やがて私の身にも危害が及ぶのではないかと思ってしまった。

その後は結局、私自身が手に負えなくなってしまった事など紆余曲折あって絶縁状態になり、現在は消息も分からない。

元友人の苦しみを怖い話としてネタにするのはどうかと思ったが、人の心は脆いもので、いつ何がきっかけでAと同じような状態に陥ってしまうか分からない。
心が崩壊する恐ろしさの啓発として、書き記させていただきました。

f:id:vanitasvanitatum:20170608215208j:image

社会の闇

20代の頃、幼馴染の女友達とその子が当時付き合っていたスリランカ人(黒人)の3人で、毎週のようにクラブに遊びに行っていた。

そのクラブはナンパ目的のヤンキー上がりの若者だったり、どこの国の出身だか分からないような人達で常にごった返していた。
入場待ちをしている最中に、酔っ払って乗り付けた改造車が女性客を跳ね飛ばすのを目撃したり地獄のような治安だったが、
周辺のクラブの中では集客が一番多いしなんだかんだ盛り上がるしで好きだった。

ある時、3人で夜道を歩いていると警官に呼び止められた。

警官曰く、近所で日本人の暴◯団の男が、黒人の男と喧嘩の末に死んだ。

そして弟を殺されて怒った実兄(同じく組員)が、黒人に対して手当たり次第に集団で日本刀で襲いかかる事件が起きてるから気をつけてくださいという内容だった。

警官は当初「近所」と言ったが、詳しく話を聞くと事の発端である喧嘩が起きたのは私たちが足繁く通っていたクラブだった。

何より恐ろしいのは、そんな大きな事件が起きているにも関わらず、後から各メディアを調べても全く報道されていなかった事だった。
10年近く経ったいま調べても情報が何も出て来ず顛末は全くわからない。

あの警官が本物だったのかさえも。

糞爺

今から数年前のある日、実家の駐車場に新聞紙が敷かれ、その上に何らかの動物の糞が置かれているのを母が発見した。
最初は軽いイタズラかと思っていたが、それからというもの、毎日のように続いた。
次第にエスカレートして、車のボンネットに糞がばらまかれたりするようになった。


深夜から早朝にかけての犯行のため、待ち伏せするには体がもたない。
そろそろ苛立ってきて、防犯カメラでも設置するかと家族で話し合いをしていた矢先
犯人はご丁寧に自分の住所と名前が書かれた封筒に糞を入れて、郵便受けに投函してきた。

それは二軒隣の家に住んでいる、爺さんYだった。


Yは癇癪持ちというかキ印というか、近所でも有名なトラブルメーカーだったため、「あの人か」と合点がいった。


そして糞が投函された翌日の早朝のこと、玄関のインターホンが鳴らされた。
また、何を言っているかわからないが、とにかくわめき散らす声が聞こえた。


母が玄関のドアを開けるなり悲鳴をあげて戻ってくる。
なんと、Yが鎌を片手に上がり込んで来ていた。
すかさず兄が玄関へ走る。


鎌を持っているとはいえ相手は耄碌した爺さん、兄は格闘技経験もある屈強な体つきの青年。やられる心配は無いだろう。
対応は兄に一任して、私達は死角で固唾を呑んだ。


Yの意味不明なわめき声と、激昂した兄の怒声が響き渡る家。


Y「7.、'ja@tjg(,1〒3☆ピ46!!!!!」
兄「お前はさっきから何を意味わからん事言っとるんや!早く帰らんと警察呼ぶぞ!」
Y「hrs#7○896tた5wg.ま!!!」
こんな不毛な問答が小一時間続き、ようやくYは帰って行った。


戻ってきた兄は一枚の紙を持っていた。
それは、Yの手書きによる誓約書だった。


以下、内容を意訳

お前の家の猫が、ワシの畑でうんこをする!
次に見つけた時は、捕まえて保健所に連れて行く!
もう二度と家から猫を出しませんとサインしろ!

ようやく一連の犯行の動機が分かってホッとすると同時に、呆れて笑ってしまった。

何故なら、私達は猫を飼っていなかった。f:id:vanitasvanitatum:20170524133159j:plain

顔のない女

子供の頃、毎週のように母方の親戚の家に遊びに行っていた。

家には私と同世代の姉A、弟B二人の子供がいた。

ある日いつものように遊びに行くと、Bが某キャラクターのぬいぐるみを買ってもらっていた。

大好きなキャラクターだったため、その日私はずっとぬいぐるみと遊んでいた。

夕方になり母親がそろそろ帰るよと言い出したが、ぬいぐるみから片時も離れたくない私は、二階のBの部屋まで一人で片付けに行った。


二階には二つの部屋があり、階段を上って手前がAの部屋、奥がBの部屋で、古い家屋のためか、ふた部屋とも入り口はすりガラスの引き戸の和室だった。

Aの部屋の引き戸が開いており、中を覗いた。

奥行きのある広い部屋に、学習デスクとベッドが置かれていただけだったと思う。

そしてBの部屋に入りぬいぐるみを置き、帰り際またAの部屋をチラッと覗いた。

すると、つい今まで無人だった部屋の中に、頭が天井に着きそうなくらい高身長で、赤い着物を着た顔のない女がこちらを向くように突っ立っていた。


f:id:vanitasvanitatum:20170523173546j:plain